電波時計の時刻をあわせる方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:503
  • ありがとう数:0

はじめに

電波時計は自動的に時刻を合わせてくれる時計のはずですが…?

STEP1<b>【電波時計なのに時刻が合わない?】</b>

電波時計とは、時計の中にアンテナを内蔵し、そのアンテナで電波を受信して自動的に正しい時刻にあわせる時計のことです。
ですので、電波時計は常に正しい時刻を表示しているのはずなのですが、気がつくと時刻が合っていないということがありませんか?

STEP2<b>【電池切れ】</b>

太陽電池でなければ、電波時計も普通の乾電池を使って動かしています。その電池が切れていませんか? 電池が切れているとうまく電波を受信できなくて、時刻が遅れたまま・進んだままということがあります。

STEP3<b>【電波が届かない】</b>

電波時計は電波を受信して時刻を合わせています。そのため、電波を受信しにくい場所に置いてあると、電波が受信できなくて時刻がずれたままということがあります。鉄筋の場合や、木造でも電波時計の近くにパソコンやテレビなどが置いてあると受信しにくくなる傾向があります。

STEP4<b>【時刻を合わせるには】</b>

きちんと電波が届く場所に置けば、自動で時刻は修正されます。場所が変えれないのでしたら、時計の向きを変えることもやってみてください。

電池を換えて大幅に時間が変わった場合は、リセットボタンや電波受信ボタンを押し、電波の届きやすいところに置きます。

手動で時刻を合わせる方法は、メーカーや時計の機種によって違いますから、取扱説明書を確認してください。カシオ、セイコー、シチズンなど大手の時計会社のものなら、手元に取扱説明書がなくてもインターネットでDLできます。

まとめ

電波時計だから安心と思い込まず、時折はちゃんと時刻があっているか確かめましょう。絶対に遅れてはいけないときに、電波時計の時刻のずれに気づいても遅いですよ。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ