卵がなくても大丈夫、代用品のアイデアのポイント

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

レシピを見ていて、卵がないから今日は作れない!と諦めたことはありませんか?卵がなくても代用できるものは色々あるんですよ。我が家に卵アレルギーはいませんが、動物性食品を少なめにしている実体験を基にご紹介します。

STEP1<b/>揚げ物</b>

一般的にとんかつやコロッケの衣は、
1.薄力粉
2.溶き卵
3.パン粉
の順でつけていくと思います。しかし、卵を使わなくても衣は作れます。

卵の代用として、水溶き薄力粉を用意します。
1.水溶き薄力粉
2.パン粉

これでOK!

卵を使っていなくても、全くわからないと思います。水溶き薄力粉に少し塩を加えると、ソースなしでそのまま頂けますよ。

STEP2<b/>クッキーやケーキ類</b>

シンプルなパウンドケーキの材料は
薄力粉、バター、砂糖、卵、ベーキングパウダーなどだと思いますが、これも卵がなくても大丈夫です。

代用としては、ペースト状の木綿豆腐、豆乳、りんごペースト(又はりんごのすりおろし)、水溶きの葛粉などが挙げられます。

卵が入ると味がしっかりした印象になるので、お菓子を手作りされる方には気づかれてしまうかもしれません。返して言うと、卵をあまり食べなくなると、ケーキに入る卵の匂いが気になるようになることもあります。

STEP3<b/>メタボ対策?!</b>

上記二点の他に、フレンチトーストなど、卵を混ぜて使用する際には代用品で十分通用します。現代人はカロリー摂取が多めなので、こういう部分から減らしていくと、メタボ対策になるかもしれませんよ!

まとめ

ケーキやクッキーのレシピでバターを使いたくない場合は、代用品として菜種油やオリーブ油を使うと良いです。油分を控えたい時は油の分量を減らした分、牛乳(または豆乳)を加えるといいですよ。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ