ふすまの破れを修理する方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

とても目立つふすまの破れ。家にあるもので簡単に目立たなくすることができます。

STEP1ハガキを準備する

ふすまの大きさより一回り大きめに切ったハガキを破れたところに差し込みます。

STEP2貼りつける

ふすまの裏側にノリを貼って差し込んだハガキに貼り、破れ目を綺麗に貼り合わせます。貼る時は空気を抜きながらぴったりと貼ってください。

STEP3貼りにくい場合は?

破れが大きいと、ノリをつけるときにハガキが安定せず貼りにくいことがあります。その場合はハガキに針を使って糸を通しておき、玉止めなどをしておきます。このハガキをはめ込み、貼る時に糸を引っ張りながらハガキを安定させノリをつけて貼れば、グラグラせずにピンと貼ることが出来ます。貼り終わったら糸は切ります。

STEP4注意点

この方法は破れたふすまの紙が残っている場合のみ有効ですが、全体を貼り変えることなく目立たなくすることが出来ます。ノリのつけすぎに注意をしながら行ってください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ