裁判の和解とは

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

日本の裁判では、和解による終結が多いようです。
裁判官はどうして和解を勧告するのでしょう?
口頭弁論、証拠調べが終わり、判決を待つだけという状況のときにも、大概和解を勧めるようです。
裁判の長期化を防いだり、国民性を理由としているようですが、法的に判決を下したほうが、しこりが残ることがないような気がします。
そんなに和解にこだわる理由は何か。

★刑事事件(裁判員裁判も多数経験)、離婚、交通事故、

不動産トラブル、労働事件、行政事件など幅広い案件に対応できる

弁護士の畑中優宏先生への非公開質問ができます


 ●既にOKWAVEに登録している方はこちらから

 https://okwave.jp/profile/u2677625.html?&slp=201803


 ●OKWAVEに新規会員登録をしたのち、質問する方はこちらから

(メールアドレス、Twitter、Facebookのアカウントで登録できます)

 https://okwave.jp/register

STEP1裁判官が判決文を書くのが面倒だからです。

裁判官といっても門外漢で、改めて腰をすえて書かなければいけない事案もあります。
そんな時は、和解をやたらと勧めてきます。

STEP2

やたら和解を勧める裁判官がいるらしく、裁判所でも近隣の弁護士の間でも有名な裁判官がいるらしいです。

まとめ

だいたい4回から5回目の口頭弁論で和解を勧めるケースが多いようです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ