自分のパソコンをウイルスから守る方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:368
  • ありがとう数:0

はじめに

一応ウイルス対策ソフトは入れているけど、それだけで本当に大丈夫なのかわからない、という人もいると思います。もちろん、ウイルス対策ソフトを入れてない、なんていうのは問題外。だけど、対策ソフトをインストールするだけでは安全ではないのです。自宅のPCをウイルスから守る方法をガイドします。

STEP1【最新のウイルス定義ファイルに更新する】

何も難しいことではありません。所有のウイルス対策ソフトによって表現は様々ですが、情報を更新するボタンがありますので、それで更新することができます。ノートンの場合はLive Updateという名前です。

ちなみに、更新は手動でやるよりも自動でやった方が忘れることがないのでお勧めです。

STEP2【添付ファイルは開けない】

添付ファイルが付いているメールはむやみに開けてはいけません。知っているアドレスからのメールで、かつ、添付ファイルを送ってくるとわかっている場合のみ開けます。もし心配なようなら、直接「添付ファイル付のメールが来たけど、送った?」と電話かメールで聞いた方がいいです。

もし知っているアドレスからのメールでも、偽装メールの場合がありますので、むやみにあけてはいけません。

STEP3【セキュリティパッチをあてる】

WindowsUpdateや、各ソフトのセキュリティパッチをあて、セキュリティホールを修復しておきます。セキュリティホールというのはそのプログラムの持つ弱点(穴)で、ウイルスがそこから侵入してくる可能性があるので、必ずパッチをあてて修復して侵入できないようにしておく必要があります。

STEP4【ダウンロードしたものは必ず事前にウイルス検査する】

友だちからもらったデータや、ダウンロードしたファイルなど、全て必ず開く前にウイルススキャンで検査してから開きましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ