「すみません」と言う時のポイント

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

いろいろな場面で使われる「すみません」について。

STEP1<b>【謝る時】</b>

何か失敗をしてしまった時など、よく「すみません」という言葉を耳にする事でしょう。「ごめんなさい」よりも「すみません」の方が丁寧な表現になるので、会社など、公の場で使うと良いでしょう。より丁寧な謝り方に「申し訳ありません」という言葉があるので、心から謝罪したい時などに使うと良いでしょう。


「電車が遅れているので、遅刻します。ごめんなさい。」
「すみません、バスも遅れています。」
「本当は寝坊でした。申し訳ありません。」

STEP2<b>【頼む時】</b>

何かを頼む時にも、最初に「すみません」と声をかける時があるでしょう。「すみません」という言葉がクッション言葉になり、相手にも良い印象を与える事が出来るでしょう。


「すみません、ちょっとお尋ねしたいのですが。」
「すみません、駅はどちらですか?」
「すみません、すこし手伝っていただけますか?」

STEP3<b>【感謝する時】</b>

席を譲ってもらった時など、日常のささやかな感謝の気持ちを表す時に、「すみません」という言葉を使うと良いでしょう。
心から感謝する時には、「ありがとう」という言葉を使いましょう。「ありがとうございます」と言えば、より丁寧な表現になるでしょう。


(物をもらったとき)「すみません。ありがたく頂戴します。」
(手伝ってもらったとき)「すみません、お手数をおかけしました。ありがとうございます。」

まとめ

「すみません」は、多くの場で使われ、意味も様々ですが、時と場合によって、上手に使ってみましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ