蓋の裏についてしまうヨーグルトの防止方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:953
  • ありがとう数:0

はじめに

ヨーグルトの蓋を開けると、必ず、蓋の裏にヨーグルトがついてしまっていますよね?
この方法を使って、ヨーグルトが蓋の裏につかないようにできます!

STEP1

蓋を開ける前に冷凍庫に30分入れて凍らせる。(大きいヨーグルトの場合は35分ぐらいが目安)

STEP2

30分後、蓋を開けると裏にはヨーグルトがついていなく、幕を張ったような状態に。

STEP3

突付いて混ぜると丁度食べ頃になっている。

まとめ

ヨーグルトの蓋がアルミでカップの方が紙でできている為に凍らずに済む。
熱伝導が速いアルミの部分は凍っている、紙の部分は凍らずに食べ頃の温度になる。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

ヨーグルト 冷凍庫 スプーン

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ