「生活保護」の条件について知るポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:701
  • ありがとう数:0

はじめに

「生活保護」とはどのような制度でしょうか。
現行法に沿って、簡単にご紹介します。

STEP1<b>最低生活費の保障です</b>

憲法25条に謳われる「健康で文化的な生活の最低保障」に則って、1950年に施行された制度です。
収入があれば、その分支給額は減らされます。
臨時収入は月に8000円までが限度です。

STEP2<b>地域ごとに等級があります</b>

都道府県の地域によって、等級があります。
最低生活費も等級によって受給額が異なります。
都道府県によって、特例措置なども異なります。
検討する場合は、まず自分の住まいの地方自治体の役所の「福祉課」へ相談に行くことから始めます。

STEP3<b>民生委員との面談が必要です</b>

民生委員と定期的に面談し、その都度記録を取ります。
それが地方自治体の役所の福祉課に記録として残ります。

STEP4<b>三親等までのプライバシーに介入</b>

申請する時には本人の預金通帳や家族の土地の登記簿等も必要となります。
また、三親等の親類までのプライバシーに介入します。
申請者の生活を援助出来るかどうかの問い合わせが親、兄弟対して行われます。
可能であれば、担当課の職員が親族に面談に行く場合もあります。
面談が不可能な親族に関しては書面にて援助が可能かどうかを問い合わせます。
扶養義務が完全に生じるのは三親等までです。

STEP5<b>高齢者の場合は</b>

高齢者の場合には、現行法では60歳を過ぎていて生活に困窮していると認められれば生活保護の対象になります。
特別養護老人ホームに入所した状態で生活保護を受給することも可能です。
また、年金だけでは生活費が不足してる場合には最低生活保護費に満たない分を生活保護で補うことが認められています。

STEP6<b>健康保険証は返還します。</b>

医療費が無料扱いとなりますので、保険証の返還します。
伏せる必要がなければ問題はありませんが、身分証明の為に保険証の提示を求められて生活保護の受給者であると知られてしまうこともあります。

まとめ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ