種類別お酒のマナーご紹介

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:507
  • ありがとう数:0

はじめに

お酒は楽しく飲むものです。お酌をしたり、受けたりする時、相手とのコミュニケーションが上手くとれるように、大人のマナーを知って、より楽しい時間をつくりましょう。

STEP1ビール

瓶ビールはグラスが空いていたら好意で注ぎ足してくださる方が多くいますが、別のお酒にしたいと思っているかもしれません。注ぐ前に一言「いかかですか?」と添えましょう。
ラベルを上にして両手で注ぐようにしましょう。グラスに少し残っている場合は、空けてもらってから注ぎます。受ける方もグラスをもち、最初は傾けて注ぎやすいように配慮しましょう。

STEP2ワイン

お店などでは、接客の係りの方が注いでくれます。自分たちで注ぎ合うのは控えましょう。
受ける方は、グラスはテーブルに置いたままで、注いでもらいます。飲むとき、白ワインは温度が上がらないようにグラスの脚を持ちましょう。赤ワインはグラスに指が触れても大丈夫です。

STEP3日本酒

猪口の八分目くらいまで注ぎます。銚子を少しまわして起こすと垂れにくくキレイに注げます。
注いでほしくない時は猪口を手の平で伏せ、一言添えましょう。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ