結婚式のご祝儀のマナー

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:540
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by yuko922534
結婚式の御祝儀を用意する時、もう一度確認しておきたいマナーを紹介します。

STEP1祝儀袋

水引が赤白でも、結びきりと、蝶結びがあります。結婚式は一回きりのお祝いという意味で、結びきりのものを用意しましょう。
※蝶結びは何度あってもイイお祝いごと、入学や、新築祝いなどで使います。

STEP2ふくさの使い方

ふくさは祝儀袋を包む、小さな風呂敷のことです。祝儀袋が汚れたり、傷ついたりしないように使います。
受付でお渡しする時は、あいさつ後、ふくさをゆっくりほどき、たたんだ上に祝儀袋を乗せ、相手に向けて差し出します。

STEP3一般的お祝い金額

金額は年齢や、新郎新婦との関係、地域によって違いますが、一般的な金額は・・・

(1)披露宴に出席した場合
(2)披露宴に出席できなかった(よばれなかった)場合
「友人」
(1)20,000円~30,000円 (2)3,000円~10,000円
「会社」
(1)20,000円~30,000円 (2)5,000円~10,000円
「親戚」
(1)50,000円 (2)30,000円

悩む時は同じ立場の人に相談してみましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ