”むかつく”の語源を知る方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1830
  • ありがとう数:0

はじめに

”むかつく”という言葉、昔と今では意味が違う!

STEP1【室町時代 (1336年から1573年)】

今から500年ほど前に、「むかつく」という言葉が使われていました。当時は今の意味とは違い、”はき気をもよおすという、「胃がむかつく」という意味で使われていました。足利義満の時代です。

STEP2【江戸時代(1603年から1868年)】

江戸時代に入った頃から、今現在の意味”腹が立つ、癇に障る”という意味で使われるようになり、時は徳川家の時代、町人による文化が盛んになったことから、以前の意味から変わったということです。

STEP3【現在】

国語辞書の検索ではこのように表記されています。

むか‐つ・く

1 吐きけを催す。むかむかする。「車酔いで胸が―・く」
2 腹が立つ。しゃくにさわる。「話を聞いただけで―・く」

まとめ

Rの法則で放送されていた内容です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ