医療費控除で住民税も安くなる!

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by busteder
医療費を年間10万以上払った場合、あまり知られていないかもしれませんが、還付金があるだけでなく住民税も安くなります。10万円を超える場合は医療費控除をした方がいいです!

STEP1

1/1~12/31までの医療費の領収書を確定申告時期まで大切に保管しておきます(病院での領収書等には確定申告に必要な為、5年間は大切に保管して下さいと書かれているものもありますよね)。医療費控除の対象となるものは、治療・療養の為に購入した医薬品も対象となります。病気の予防や健康増進の為に購入したものは対象となりません。また、「医療費」のお知らせは

STEP2

確定申告時期が来たら、医療費控除の確定申告書と一緒に領収書も提出します。還付金が少なくても、「還付金が少ないなら、提出するものも色々あって面倒だしやーめた!」と思った方はちょっと待ってください!次年度分の住民税が多少なりとも安くなります。なので、出来るのであれば医療費控除はしておいた方がお得だと思います。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ