太りやすい体質をカバーする食事法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:608
  • ありがとう数:0

はじめに

食べても太らない、羨ましい人がいますが、
逆に少し食べても太ってしまう人もいます。
その差は腸の栄養吸収率だとか。
そこで食べ方を工夫して、吸収率を調整
すると良いようです。

STEP1

 栄養の吸収で注意しなければならないのは「炭水化物(糖質)」です。
炭水化物は中性脂肪として体内に蓄えられやすいのでできるだけ
控えめに摂りたいところですが、身体のエネルギー源でもあり、抜いて
しまっては代謝低下・冷えを招いてしまいますので、工夫して摂るよう
にします。

STEP2

 食べ方のポイントで重要なのは「食べる順番」です。大事なのは
炭水化物は最後に食べることです。最初にサラダなどの野菜、そして
海藻類、肉・魚、そしてごはんなどの炭水化物という順番で食べて
行きます。子どもの頃教わったいわゆる「三角食べ」ではなく、
一つずつ食べきってから次に進むようにします。

STEP3 この方法で食事を摂ると、

・先に消化の良いもの(野菜など)を摂ることで炭水化物の
 吸収率を和らげる。
・ゆっくり時間をかけて食べることでご飯を口にする頃には
 ある程度の満腹感があり、食べる量を減らしやすい。

という効果があります。この方法なら、何かを「抜く」必要がないので
精神的にも余裕を持って続けられるのではないでしょうか。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ