鶏むね肉、ささみをさらにおいしく仕上げるコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3411
  • ありがとう数:0

はじめに

低脂肪で、淡白な味わいの鶏むね肉やささみ。
やわらかな肉質を生かすために、少しコツを加えて調理してみましょう。

STEP1<b>香味野菜とゆでる</b>

長ねぎの青い部分、しょうが、酒を入れてゆでると、鶏肉のくさみが抜けて、香りづけにもなります。

残った肉は、ゆで汁に浸して保存すれば、翌日もしっとりとしたおいしさが保てますよ。

STEP2<b>手でほぐす</b>

ゆでたささみやむね肉は、繊維に沿って手でほぐします。

口当たりが良いのはもちろん、ソースやたれがよくからみます。

温かいほうが裂きやすいので、余った分もほぐしてから保存しましょう。

STEP3<b>叩いてやわらかく</b>

肉をよりやわらかく仕上げたいときは、ラップの上からすりこ木やビンなどで軽く叩きます。

繊維が砕かれて食感がよくなり、さらに加熱した時肉が縮むのを防ぎます。

叩いた後は、元の形に戻して使うようにします。

まとめ

むね肉は、もも肉に比べて脂肪が少なく、あっさりとした味わいです。

ささみは、鶏肉の中で最も低脂肪、高たんぱくな部位です。くせがないので、さっぱりとした味付けで風味を楽しむのがおすすめです。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ