ウォーキングシューズ 試し履きをする時のコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:301
  • ありがとう数:0

はじめに

 履くだけでダイエット効果ありのシューズが販売されて、ウォーキング熱はますます盛り上がっています。そこで、ウォーキングシューズの試し履きを上手にするコツをご紹介します。

STEP1<b>いつもの靴下で</b>

 シューズを選ぶ時は、靴下も含めてサイズを確認しますので、歩く際に履くいつもの靴下を必ず履いてから試してください。

STEP2<b>サイズを比べる</b>

 自分のサイズは「これ」と決めつけていませんか。メーカーによって同じサイズでも大きさに若干の差があります。その若干の差の為に、足にフィット感が無くなることもあります。
 そこで、自分のサイズより1サイズ大きいものと小さいものを履き比べてみることをおすすめします。さらに、幅のサイズ(Eが付くもの)も同じように比べてみてください。

STEP3<b>フィット感を確認</b>

 サイズが決まったところで、次は足へのフィット感を以下の項目で確認します。

  ・つま先に圧迫感がないか
  ・つま先と靴の先端との間に余裕があるか(一般的に指一本分)
  ・甲やかかとに食い込んでいる部分がないか
  ・土踏まずや足の幅に圧迫感または遊び部分がないか
  ・ひもの結び具合はどうか
  ・足が曲がる部分で靴の底の部分が曲がるか(靴の底1/3ぐらいのところ)

 この確認作業は履き心地を決める重要なポイントのひとつです。しっかり確認してください。

STEP4<b>歩いてみる</b>

 最後に、店内を歩いてみます。これは靴を買う時にしていると思いますが、店内を一回りして、問題がなければ購入という方が多いと思います。足に体重がかかっている状態で少し長めに歩くと、座っている時にフィットしていたものが違ってくることもあります。履いて確認するなら最低5分は歩きまわってください。

まとめ

 自分の足に合ったシューズを見つけるために、気になるところが少しでもあれば、サイズを変更して何度でも確認してください。
また、シューフィッターのいるお店で、自分に合った靴を選んでもらうのもおすすめです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ