東日本大震災の被災者支援のために現地の食材購入を

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:251
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by mjsoul
未曾有の被害をもたらした「東日本大震災」から早いもので1ヶ月となりました。しかし、被災者の方々の生活は、連日の報道から見ていても、遅々として進んでいない感じが伝わってきます。

STEP1

そんな中、ボランティアの方々の取り組みには頭が下がるばかり。「自分にも何かできないものか」。彼らのひたむきな姿に、そんな思いにかられる方は少なくないと思います。

義援金以外の支援のあり方として注目されるのが「現地の食材購入」です。いくつかの企業では、放射性物質の独自チェックをクリアした食材を、社員食堂の料理用に使ったり、オフィスの一角で販売したり。

STEP2

それは「個人レベル」においても可能です。たとえば、JA全農福島では、野菜、果物、牛乳などのネット販売をしています。国の基準をクリアした新鮮な野菜をいただいて、被災地の支援ができるのです。

こうした「草の根レベルの支援」が、被災地を少しずつ、しかし、着実に復興へと導いていきます。ネットを開いたら、それをいつも心にとめておきたいものです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ