がんになりやすい体質を調べるポイント?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1207
  • ありがとう数:0

はじめに

「がん家系」とか言いますが、遺伝の影響は5%程度。けれど、がんになりやすい遺伝子というのはあるそう。

STEP1<b/>【がんになりやすい遺伝子】</b>

がんへの遺伝の影響は5%ほどといわれています。ただ、一種類の遺伝子に異常があるとがんになるリスクが高くなるそう。

では、がんになりやすい遺伝子とは。
細菌の増殖を調整するブレーキ役の遺伝子や、増殖を加速させるアクセル役の遺伝子になんらかの異常がある、という遺伝子です。

STEP2<b/>【遺伝性のがん体質かどうか見極めるには】</b>

家系をみてみることです。
同じ家系に同じ種類のがんの患者が複数いたり、何度もがんにかかっている人がいたり、若い時から発症している人がいたりすると要注意です。

STEP3<b/>【血液検査で調べてみましょう】</b>

遺伝性のがん体質は血液検査で調べることができます。原因となる遺伝子に異常がないか調べます。
「遺伝子診断」と呼ばれ、大きな病院の「遺伝子外来」などで相談できます。

遺伝子の変化がわかれば、生涯にわたって計画的に検診するなど予防し、早期発見・治療に努めらます。

しかし、ハーバード大学の研究によると、遺伝子よりも、がんになる最も大きな要因は、喫煙(30%)と食事・肥満(30%)だったそうです。喫煙と塩分は控えるのにこしたことがありません。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ