夏みかんの皮の砂糖漬け

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3289
  • ありがとう数:0

はじめに

捨てることの多い夏みかんの皮。砂糖漬けにしておけば、お茶受けにもピッタリです。

STEP1<b/>【アクを抜きましょう】</b>

夏みかんの皮は、表面をごく薄く削り取り、白いわたのついたまま、たっぷりの水につけ、水を取り替えながら2日ほどアク抜きをします。

STEP2<b/>【苦みを抜きましょう】</b>

皮を適当な大きさに切って鍋に入れ、水を加えて火にかけます。煮立って3分したら水を取り替え、また火にかけ、煮立って3分したら水を替え、苦味抜きをします。また水を加えて、皮が柔らかくなるまで落し蓋をしてゆっくり煮ます。

STEP3<b/>【皮が柔らかくなったら】</b>

苦味が抜けて、皮が柔らかくなったら水気を切ります。

STEP4<b/>【煮ましょう】</b>

厚手の鍋に、分量の砂糖と砂糖の1/2量の水を加えて火にかけ、濃いシロップを作り、3を加えて焦がさないように注意しながら、ゆっくりと汁がなくなるまで十分煮つめます。

STEP5<b/>【水分がなくなったら】</b>

ざるに広げ、2日ほど風に当てて陰干しします。

STEP6<b/>【仕上げに】</b>

生乾きのときにグラニュー糖をまぶし、さらに乾かして密閉容器に入れて保存します。

関連するタグ

必要なもの

夏みかんの皮・・・適量 砂糖・・・夏みかんの皮の7~8割 グラニュー糖・・・適量

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ