そばの上手なすすり方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1356
  • ありがとう数:0

はじめに

お行儀が悪いと思われがちですが、そばを美味しく食べるには、すすりながら食べるのが良いんです☆

STEP1<b>【すする理由】</b>

そばの美味しさは、そばの香りも重要なポイントになっています。そばをすする時に、一緒に香りを吸い込めるので、そばの美味しさをより楽しめるという訳です。
つけそばは、おつゆにそばを全部つけないで食べる方が良いので、すする事で、半分くらいまでおつゆにつけたそばを、一口で食べられ、味わう事が出来ます。

STEP2<b>【すすり方】</b>

つけそばの場合、そばをお箸で取り、半分くらいまでおつゆにつけたら、お箸を口に運び、吸い込むように音をたててすすります。
お箸で取ったそばを、するっと一口で食べるようなイメージです。
おつゆにつける時は、おつゆの濃さや、お好みに合わせてつけ具合を加減してください。

STEP3<b>【注意する事】</b>

わざと音を出しすぎないようにしましょう。すする時に自然と音が出てしまうようなものなので、音をたてる事だけに集中しないようにしましょう。上品にすする事がポイントです。
お箸でそばを取る時には、多く取り過ぎないように、一口で食べられる量にしましょう。
そばをすすると、つゆが周りにはねることがあるので、服を汚さないように注意しましょう。そばを食べる時は、白い服は避けた方が良いでしょう。

まとめ

上手にすすって、おそばを存分に味わってみてください☆

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ