エネルギー、ガスと電気について

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:422
  • ありがとう数:0

はじめに

これからのエネルギーとして、オール電化などが進められています。そうするとガスエネルギーは、これからどのようになってくるのでしょうか。

STEP1

電気の場合は、さまざまな発電方法がありますが、発電所で発電して私たちが利用している、場所まで送電する仕組みになっています。この送電をしているときにロスが発生してムダが多いのは事実です。しかも現在の技術では電気は蓄えておくことが非常に難しいので常に発電を続ける必要があります。そのため発電所のトラブルなどにより、発電量が足りない場合に電力の供給がストップしてしまい停電と言う事に繋がります。

STEP2

ガスの場合は、燃焼しないかぎり減ることはありませんので、ほとんどロスはありません。ガスの場合は、そこで作り出すことは出来ませんが、蓄えておくことは出来ます。

STEP3

ガスの場合は、ガスが造り出されるスピードより、人間の消費するスピードが速すぎて、そう遠くない未来に使い果たす可能性はあります。ですが電気の場合は、現在は石油やガスに代わるだけの発電技術はありませんが、エネルギー源は、太陽光、風、水、波、地熱など今のところ絶えることなくあります。

STEP4

これからは、発電の考え方も大きく変わってくるのは間違いないと思いますが、まだまだ、電気だけでエネルギーがまかなえるような時代には、技術が追い付いていないようです。なので、しばらくは、ガスや石油なども電気と一緒に私たちのエネルギーとして利用されると思います。

まとめ

普通に考えると、世界ではどうかわかりませんが、日本国内での原子力発電の発展は無いと考えた方が良いと思います。なので、素晴らしい日本の技術者たちによる、電卓だけに留まらずもう少し大きなソーラーパネルによる発電利用(自給自足)&蓄電システムの開発を、民間では予算が足りないと思いますので、国営で進めれば良いと思います。

参照 http://okwave.jp/qa/q6701100.html

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ