毒性の高い蜂に刺された時の対処法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:941
  • ありがとう数:0

はじめに

毒性の高い蜂に刺されると、ショック死する可能性がありますが、絶対に蜂にさされないようにする方法はありません。万が一刺された場合どうすればいいのかガイドします。

STEP1【刺されると危険な蜂】

・オオスズメバチ
・キイロスズメバチ
・ミツバチ
・マルハナバチ
・アシナガバチ

STEP2【アナフィラキシーショックに注意】

蜂に刺されるとはれ上がり痛いだけでなく、アナフィラキシーショックなどによって命に係わることがあります。これは、過去に蜂にさされた経験がある人は、1回目に刺された時に抗体ができ、2回目に刺された時にアナフィラキシーショックを起こし、ショック状態になることがあるためです。

STEP3【蜂にさされないように工夫する】

とにかく刺激しない。1匹スズメバチを見つけたら近くに巣がある可能性がありますので、迂回などしてその場を離れます。離れる際、手で蜂を払ったりすると逆に刺激しますので、姿勢を低くして刺激しないように逃げます。

また、黒いものを攻撃する習性があるので、山登りなど、蜂が出る可能性がある場所へ行くときは黒い服装は避けましょう。髪の毛も黒いので、帽子をかぶった方が安全です。

STEP4【万が一刺されたら】

刺された箇所を見て、針が残っていたら取り除きます。あとは流水でよく洗い流します。手で毒を絞り出します。口で吸い取ると口の中に傷があった場合、そこから毒が侵入しますので、やめましょう。アナフィラキシーショックの可能性を考え、少しでもおかしいと感じたら病院で受診します。

STEP5【医師にエピペンを処方してもらう】

過去にアナフィラキシーショックを発症したことがある人や、蜂に刺された時に症状が重い人などは医師の処方により「エピペン」という注射器を処方してもらうことができます。蜂に刺され、ショック症状になった時にその場で注射できるので、死亡する確率を減らすことができます。心配な方は事前に処方してもらいましょう。

※誤って使用すると危険ですので、必ず医師に処方してもらい、正しく使いましょう。

参考URL
http://www2u.biglobe.ne.jp/~vespa/epipen.htm

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ