物理的な、月の日数の憶え方。

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

あれ、今月って何日まであったっけ?曖昧な月の日数の記憶。恥ずかしながら筆者自身も、2月は何となく31より少ないという記憶がありますが、他は至って適当です。これを12ヶ月分全部憶えなくても、物理的にすぐに思い出せる方法をご紹介。

STEP1

片手をぎゅっと握ります。

STEP2

その手の、甲の側を自分に向けます。

STEP3

指の付け根の骨が、凸凹に出っ張っているのを確認して下さい。

STEP4

あとは、端から凸と凹を交互に、「一つ目の凸を1月、次の凹を2月、次を3月…」と、月に見立て、余った方の手で指差しながら、数えて行ってみましょう。

STEP5

ちょうど7月で端に来れたら、正解。この端だけは「7月、8月」と、二月分数えます。そして、出発点に向かってまた数えながらターンして戻ってきます。

STEP6

これで、凸部分が「31日までの月」、凹部分が「30日までの月(2月のみ、30以下となる)」として、簡単に思い出す事が可能となるのです。

まとめ

「7月、8月」は両方31日までなので、必ず数え進んだ端の骨を二度カウントしましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ