小石原の窯開き祭りを楽しむ方法!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:581
  • ありがとう数:0

はじめに

ゴールデンウイーク期間の九州の陶器まつりは、有田だけではありませんよ。

STEP1<b/>【小石原焼について】</b>

福岡県朝倉郡東峰村は、英彦山の西のふもとにあります。小石原焼は、江戸時代前期に黒田藩藩主によって開かれました。約300年の歴史を持ち、福岡県でも有数の窯です。昭和30年代後半の陶芸のブームで全国的に有名になりました。
小石原焼は、「刷毛目」、「飛び鉋」、「櫛描き」などにより表現される独特の幾何学紋様が特色で、素焼きを行わず、釉薬を流し掛ける技法で作られています。有田焼(佐賀県有田町)のような華やかさではなく、素朴な温かさで親しまれています。

STEP2<b/>【開催時期】</b>

小石原の窯開き祭りは5月と10月の年2回開催され、村を挙げて盛大に行われます。「民陶むら祭」は、陶器ファンが待ち望む窯開きの祭り。期間中はいつもより手ごろな価格で、小石原焼を手に入れることができるのです。特に春の祭では、窯元の庭先に咲いたシャクナゲやツツジが目を楽しませてくれます。

STEP3<b/>【5月の開催について】</b>

2011年5月3日(火・祝)~5月5日(木・祝)の期間中は、小石原全域で「小石原春の民陶むら祭」が行われます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ