苦情を上手に伝える方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1033
  • ありがとう数:0

はじめに

苦情を言われる側が嫌な思いをせず、問題解決できるのがベストですね。

STEP1<b/>【置き換えて伝えましょう】</b>

まわりの方への注意は言いづらいものです。特に近隣の方には関係がまずくならないよう上手に伝えたいものです。
苦情はいきなり怒りを伝えるのではなく、『お願い』に置き換えて伝えるのがポイントです。

STEP2<b/>【苦情を上手に伝える5つのポイント】</b>

① 感情的に攻めない
② 何が困るのかを整理して伝える
③ どうしてほしいかハッキリ伝える
④ して欲しいことを『お願い』の形にして伝える
⑤ 解決後は感謝や労いの言葉を忘れない

STEP3<b/>【明るく優しくを心がけて】</b>

苦情を言うだけでなく、「どうして欲しいか」その方法を命令ではなく『お願い』という形にするのが大切なポイントです。命令されるのは誰だって不愉快ですね。「すみませんが・・・」、「申し訳ないのですが・・・」などのクッション言葉をつけるのも重要です。

苦情や注意を聞き入れてくれ行動してくれたら、感謝や認める言葉をかけましょう。けっして嫌味にならないように明るく優しくを心がけて。

まとめ

子供の叱り方にも通じるものがありますね。命令ではなく1人の人間として提案をお願いする形もあるのではないでしょうか。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ