車内の暑さ対策

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1342
  • ありがとう数:0

はじめに

もうすぐ暑い夏がやってきます。夏本番を迎える前にしっかりチェックして、夏のカーライフを楽しみましょう。

STEP1【すぐにできる車内の暑さ対策】

 ・サンシェード
  日中、日当たりの良いところに駐車した場合、サンシェードをするか
  しないかでは車内の温度が15℃程度違います。使わないときはコンパ
  クトにたためるのも便利です。
 
 ・カーフィルム
  日光をまともに受ける窓には、カーフィルムを貼ると、暑さはもちろん
  UV対策にもなります。

STEP2 ・暑いハンドル

  やけどしそうになるくらい熱くなるハンドルには、さっと簡単にかぶ
  せることができる専用のハンドルカバーをつけたり、急速冷却スプレー
  を携帯しておくと便利です。運転中は、UV対策を兼ねて、日よけ手袋
  をすれば高温になったハンドルにも安全です。

 ・チャイルドシート
  熱がこもりやすいチャイルドシートには、日よけカバーやバスタオル
  などをかけておけば金具部分が熱くなるのも防げます。また、チャイ
  ルドシート用冷却スプレーなども販売されているので、携帯しておけば
  便利です。凍らせたペットボトルや保冷シートでも代用できます。
 

STEP3【バッテリーに負担をかけすぎないよう車内温度を下げる方法】

 前後の窓を全開にして室内の熱気を出しながら走行し、エアコンを1分くらい
 外気導入・風速は最強・冷風にします。そして、窓をすべて閉めエアコンを
 内気循環に切り替えます。

 ※ 駐車してガンガンにクーラーを使うと、バッテリーに負担がかかるだけ
   でなく、放っておくと冷却水の水温が上がりオーバーヒートを起こす原因
   にもなりますので注意して下さい。

まとめ

猛暑にエアコンが効かなくなったりしないよう、日頃からメンテナンスを
しておきましょう。特に夏はエアコンガスのチェックをお忘れなく。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ