ヒラメや馬刺しに、注意して食中毒を防ぐ方法!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:987
  • ありがとう数:0

はじめに

原因不明の食中毒が全国的に増えています。それが、「ヒラメや馬刺しについている寄生虫が原因」という可能性が高いというのです。

STEP1<b/>【食中毒の原因】</b>

4月25日に開かれた厚生労働省の審議会で、一連の食中毒は「ヒラメや馬刺しについている寄生虫が原因」という可能性が高いと報告されました。
どちらも吐き気や下痢を引き起こしますが、数日で症状はおさまるそうです。

原因不明の食中毒は、2009年6月から今年3月までに198件。
そのうちヒラメが135件、馬刺しが33件含まれていたそうです。

STEP2<b/>【「セプテンプンクタータ」について】</b>

ヒラメによる食中毒の原因と思われるのは、クドアと呼ばれる寄生虫の一種「セプテンプンクタータ」。食中毒を引き起こす、この「セプテンプンクタータ」という種類が特定されたのは初めてです。

馬刺しについては、馬や犬に宿る寄生虫の可能性があるそうです。

STEP3<b/>【死滅する温度】</b>

厚生労働省によると、クドアはマイナス15~20度、馬刺しの寄生虫はマイナス20度で48時間以上、冷凍すれば死滅するということです。

まとめ

しばらくは、ヒラメのお刺身、馬刺しを食べる時は、注意が必要では。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ