水槽の地震対策その方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:932
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tikumanikki
東日本大震災では、お魚ポストに金魚や熱帯魚が沢山預けれらたそうです。

水槽でお魚を飼っているお宅での注意点をご紹介します。

STEP1★水槽にフタと重石

水槽の枠ににぴったり合う厚めのアクリル板をフタとして載せます。

さらにその上に、タオルで包んだレンガなどの重しを乗せて置くとかなりの地震でも水槽から水があふれ出る事が防げるとのこと。やってみてください。

STEP2★水の量

水の量は水槽の7分めにと勧めています。

STEP3★水槽台

転倒を防ぐために、できるだけ低い物にしてください。

材質はガラスよりもアクリルの方が丈夫です。

STEP4★乾電池式のエアポンプ

予備として乾電池式のエアポンプを用意しておくと、停電の際にも安心です。

STEP5★水槽の温度を一定に保つ

魚は温度変化に敏感です。熱帯魚の中にも水温が33度を超えると死んでしまう魚もいます。

暑い夏なのお昼過ぎなどは、凍らせたペットボトルを水槽に入れるなどをして、水の温度に気をつけてください。

まとめ

ペットも大切な家族の一員として、最後まで大切に飼ってください。

以上、地元紙に載っていた、おさかなポストの会・代表の山崎充哲さんのお話です。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ