新しい宿泊の流れとしての泊食分離があります

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:622
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by oriver223
今、インターネットや人気旅行雑誌などを見ていると、観光ホテルなどでも食抜きでの設定が増えて来ているようです。

STEP1

これは観光ホテルが、団体客主体の宿泊客の時代から、個人客やグループ客中心の宿泊客の時代へ変化してしまったので当然の結果なのかもしれません。宿側の論理ではなく、宿泊客の論理を尊重し受け止める旅館だけが生き残れるのではないだろうかと思います。

STEP2

その方法の一つに消費金額の透明性を高めることです。、宿泊約の選択の自由を高めるものとして泊食分離と言う方法が考えられるようになったのです。泊食分離とは、宿泊と飲食を分離させることをいうことです。ビジネスホテルやシティホテルなどの形態です。宿泊客は、宿泊するときに飲食の選択を行うこととなり、観光ホテルや旅館で朝夕の食事をとるか、周辺で食事を済ませるかの選択が可能となるのです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ