旅館業イメージは、施設が小さい?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:178
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by oriver223
この旅館業規模による分類は、小規模で家族的な経営を行っている中小のものと、観光ホテル、温泉ホテル等と呼ばれることもある大規模なものにわけることが出来るのです。

STEP1

旅館は、「小規模な和式の宿泊施設」という消費者イメージで語られることが多いようです。お将さんと番頭さんが出て来るイメージです。しかし最近では、旅行雑誌やメディア報道により、より個性的な宿というイメージで語られることが多くなった感じがします。これとは逆に、大規模なものは、和式の建物・設備であっても「ホテル」、「観光ホテル」と呼ばれることが多いのです。

STEP2

これは、日本における旅館の歴史的沿革による面があるようです。高度成長期、何故かホテルと言う名が旅館と言うよりグレードアップに聞こえたのです。そのため、大規模な所がホテルの名称を使い、自社は小規模ではなくグレードの高い宿泊施設であることをアピールしたことによるもののようです。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ