災害時に備えてのペット・動物の配慮

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:205
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by deepestforest
西日本大震災でも可哀想な動物の事が報道されています。津波で逃げるときは命からがら逃げるので、犬をつないだまま逃げたり、ペットや動物をゲージの中に入れたまま逃げてしまいます。

STEP1

災害時、バッグの中にペットを入れて肩からかける袋を用意している人もいます。肩からかけられれば両手が開きますから便利です。両手が開くといってもやはり逃げるスピードが遅くなる恐れもありますが、可愛いペットのためには厭わないという飼い主です。

STEP2

ゲージを用意している人もいます。もしも避難所生活になったとき、周りの人に嫌がられるのを少しでも防げます。ペットを自分のそばにおいおくことも可能になります。

STEP3

犬や猫のペットに名札をつけている飼い主もいます。離れ離れになた時再会しやすいですね。早く再会できれば、ペットと離れ離れになった苦しみも少なくてすみます。

STEP4

ペットに愛情もって育てている人は、それなりに考えているようです。人様に迷惑をかけている飼い主もいますが、心ある飼い主は様々気を使っているようです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ