【5月4日はみどりの日】その由来とは?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:681
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tikumanikki
5月4日はみどりの日ですが、この日がみどりの日となるまでには、幾つかの変遷がありました。

ご紹介します。

STEP1★みどりの日の名前の由来

植物に造詣の深かった昭和天皇にちなんでつけられました。

昭和天皇は植物にくわしく皇居を散歩中にも、お付きの方が「雑草が・・」と言われると、「雑草という植物は無いです。ちゃんとした名前があります。」と言われたという話が残っています。

STEP2★1948年(昭和23年)

この年に昭和天皇の誕生日である4月29日が、国民の祝日である「天皇誕生日」と制定されました。

STEP3★1989年(昭和64年)

平成天皇即位により、天皇誕生日は今上天皇の誕生日である12月23日に改められることになりました。

しかし、廃止することによりゴールデンウイークの国民生活への影響が懸念され、4月29日を「みどりの日」と名前を改めて祝日として存続させています。

STEP4★2005年(平成17年)

この年の祝日法改正により、4月29日を「昭和の日」とすることになりました。

2007年(平成19年)以降は「みどりの日」を5月4日に移動し現在にいたっています。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ