ペットの猫とずっと一緒にいるためには

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:203
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by onsendaisukisan
以前猫を飼っていました。25年ほど生きていましたが、やはり食べ物の与え方がよかったようです。大事なペットと少しで長く一緒にいたいですよね。

STEP1

とにかくキャットフードで統一する事です。缶詰は柔らかくて美味しいのですが、それなりに費用もかかるし猫も柔らかい缶詰ばかり食べるようになってしまいます。若いウチは堅いキャットフードの方がいいと思われます。

STEP2

人間が食べているものをあげたりしない事。ついつい美味しいものを与えたくなりますが、人間とは内臓のつくりなどが違うので控えましょう。猫専用の食べ物を与える事が体にも負担が少ないようです。猫の事を考えた食生活を心掛けてあげましょう。

まとめ

年をとって噛みにくくなってきたら、缶詰などの柔らかい食べ物に変えてあげましょう。歯や内臓が元気なうちはキャットフードでも大丈夫ですが、心配なら内臓機能など病院で調べてもらうのもいいでしょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ