ビールの泡を保つ方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:701
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kikukikupon
 家でビールを呑む時、グラスに注いでも泡が直ぐに消えちゃいますよね。泡は蓋の代わりをしてくれるので、なるべく長い間あった方が、風味が消えず美味しさが持続します。お店のような泡を家庭で作ってみませんか。

STEP1<b/>側面に沿わせる</b>

 グラスをナナメに傾け、グラスの側面に沿いながら「泡を立てず」注いでいきます。グラスの半分ぐらいで止めます。

STEP2<b/>高い位置から泡を立てる</b>

 ここからが本番です。グラスをテーブルに置き、高い位置からビールを注ぎいれます。これで、盛大に泡を立てます。盛大に泡が立ったら、今度は泡が落ち着くのを待ちます。

STEP3<b/>静かに注ぐ</b>

 泡が2センチほどになったら、再びゆっくりとグラスの側面に沿って、静かにビールを再び注ぎます。グラスの縁から泡が盛り上がる程度になったら、出来上がり。

まとめ

 一度、泡の蓋を作ってから、ビールを再び注ぐのです。香りや炭酸が逃げにくく、飲み干すまで美味しいビールが味わえます。

 缶ビールや瓶ビールだけでなく、ベルギービールなど常温で楽しむビールにも有効な方法です。お試しください。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ