文庫本がねこじゃらしに

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:390
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by lionheart1999
世の中にたくさんいる猫好きですが,僕もそうです.今回は,どのお家にもある文庫本のしおり(ひも)を使って猫とうまく遊ぶ方法です.

STEP1

世の中にたくさんいる猫好きですが,僕もそうです.今回は,どのお家にもある文庫本のしおり(ひも)を使って猫とうまく遊ぶ方法です.

STEP2

大体の文庫本には,ヒモのしおりがついているかと思います.それを1つ用意していただくのですが,できれば愛読書などは避けた方が良いです.

STEP3

ねこじゃらしが好きな(良く反応する)猫ちゃんならば,この時点でじゃれてきてくれるでしょうが,うちのネコちゃんはだめでした・・.おそらく個人差(個猫差?)があるのでしょう.そこで,ヒモの柔軟性を生かした方法をご紹介.

STEP4

ソフゼのヘリや机の下などから,しおり(ヒモ)をチラチラ見え隠れさせてください.猫はきっと野生の本能上,見え隠れするものに興味津津です.普通のねこじゃらしよりも,はるかに食い付きがいいです!しかも文庫本は,サイズ的にチラチラ動かすのに最適でした!
無論,何度もやっていると,爪でガシッとやられしおりはボロボロになってしまいますが...

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ