ダトニオを人工餌になれさせるには

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3034
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by projecta2
今回ご紹介するのは私が飼育している熱帯魚のダトニオについてです。ダトニオにかかわらず、肉食魚を買われている方は餌代が大変ですよね。人工餌に慣れない個体もいるので、難しいと思っている方が多いと思います。しかし、私が飼育したダトニオはすべて人工餌になれてくれました。今回はその方法についてご紹介します。

STEP1

まずは、環境に慣れさせる。それが一番です。そしてまずはクリルから慣らすのがポイントです。ただしある程度の大きさになった個体に関しては慣れてくれるのかわからないのでご注意を。小さな個体は大丈夫だと思います。

STEP2

たぶん、クリルならすぐに慣れると思います。慣れない場合は数日間絶食をさせてください。ポイントでここで絶対にメダカなどをあげないこと。

STEP3

最低でも2~3週間はクリルをあげてください。クリルだけでは変色になってしまうので、冷凍赤虫などを与えるといいでしょう。餌を入れたらすぐに食いついてくるようになったら次のステップです。

STEP4

人工餌になれないからといって絶対に生き餌を与えないでください。今までの努力が水の泡です。最終手段として餌を1~2週間抜いてみてください。普段餌をあげている分1~2週間餌をあげなくても死なないと思います。その後に人工餌を入れると食べてくれるようになると思います。うちの子たちはみんなそれで人工餌を食べるようになりました。そのおかげで餌代が安く済んでいます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ