引っ越し作業などで、体力を温存できる方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:683
  • ありがとう数:0

はじめに

派遣、短期のバイトなど、そんなにパワー系の仕事が得意でない人が、引っ越しなどのパワー系バイトをする機会に遭遇した時、予想だにしないとんでもない仕事内容に驚きます。重たい段ボールや家具などを複数運ぶ時に、少しだけ体力を温存できる方法の紹介です。

STEP1

荷物の、一番安定して持てる場所に手をかけます。例えば段ボールの場合は、下段の左手前の角&上段の右奥の角、など。

STEP2

腕の力だけで安定しない重たい荷物は、少し体を後ろに反り、腹筋から下の下半身で支える様に持ちます。

STEP3

ベルトのバックルに、段ボールの下段手前を掛けましょう。荷物の重さが、後方に体をあずける力(体重)とベルトで支えられるので、上半身の体力消費を大きく抑えられます。

まとめ

あまりにも重過ぎる荷物は、普段慣れてない人にとっては腰を痛める原因になるので、無理はしない様にしましょう。作業着と、業務用の丈頑丈なベルトを使って。ケガ、脱水症状にご用心。

必要なもの

作業着、頑丈なベルト、ラバー軍手

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ