文学に触れる山梨の旅

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:144
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by oriver223
富士山に守られ、自然豊かな山梨県は、近代の多くの文人に愛されて来ました。数々の名作が生まれた文学の街、山梨へ旅してみませんか?

STEP1

山梨に縁がある文人は数多い。最も有名なのは、太宰治だろう。一時、疎開生活を山梨で過し、山梨の女性と結婚した。名作「富嶽百景」は、特に有名で、執筆されたとされる天下茶屋は、今も太宰を偲んで訪れる人が絶えない。

STEP2

太宰に山梨を紹介したのが、井伏鱒二である。彼は、無類の釣り好きで、県内各地を釣り歩いた、髄質「川釣り」には、山梨の川の風景が活き活きと描かれていて、釣りのシーンも面白い。

STEP3

甲府市がある山梨文学館では、山梨に縁のある多くの文人の遺品や、遺稿が展示されている、太宰、井伏の他にも、竹くらべの樋口一葉、芥川龍之介も、山梨で暮らしたことがある。多くの文人が愛してやまなかった山梨で、文学で文庫本を抱えて巡る旅は、きっとあなたを、文人にしてくれるはずだ。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ