新鮮な魚の見分け方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by small-ma
新鮮な魚の見分け方のポイントは3つあります。

STEP1えらの部分が真っ赤であること。

新鮮なものほど鮮やかな赤色をしています。
時間がたつとピンク色から白色へと変化していきます。

STEP2目の周りが透明であること。

新鮮なものは目の周りがきれいに透き通っていて、濁っていません。
鮮度が落ちてくると全体が充血したり、濁った色をしています。

STEP3身の表面に弾力があること。

指で軽く押してみると新鮮な魚は少し硬くて、弾力があります。
時間が経つと、柔らかく、グニャとした感じなります。

まとめ

パックの刺身を買うときは、みずみずしさと、色に注意して見てください。
あと、刺身の角が丸くなっているものは、刺身にしてから時間が経過したものですのでご注意を。

青背(鯖、鰯、秋刀魚、鯵など)の魚の場合は表面に艶があり、白身の場合は、透明感のある白色の方が新しいです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ