大潮の日には潮干狩りをしよう!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1409
  • ありがとう数:0

はじめに

5月の大潮の日は絶好の潮干狩り日和です!今から準備して親子で潮干狩りに出かけてみませんか?

STEP1「大潮の日」

潮の干満の差が大きい日を「大潮の日」といいます。満月や新月の出る日の前後に大潮になりますが、この日は潮が大きく引いて貝堀りをしやすいので、潮干狩りをするのに最適の日と言われています。

STEP2店頭のあさりは海外産

店頭に並んでいるあさり貝は海外の物が多く、特に近年は中国や北朝鮮の貝を日本に持ち込み、日本の砂浜に一度戻しただけで収穫して「国産品」として販売したりしている業者が発見され、問題になりました。その点、潮干狩りで自分で貝を掘れば、安心です。

STEP3ベストスポットを探そう

潮干狩りに一番いい場所は浪打ぎわです。また、アサリは固まって生息していることが多いので、もし見つけたら場所を変えずに周辺を探すのがオススメの方法です。

STEP4潮干狩りに必要なもの

・帽子
・タオル
・ビーチサンダルなど、濡れてもいいくつ
・くまでかスコップ
・バケツ

あると便利なもの
・空きペットボトル
※海水を持ち帰り、自宅であさりの砂抜きをするのに使います。

STEP5砂抜きの仕方

・持ち帰った海水か、水道水を数時間おいてカルキ抜きした水で作った塩水に貝を入れる
・数時間で調理する

※貝は翌日まで持ち越すと傷みます。当日中に食べましょう。

※塩水は水1リットルに塩大匙2杯程度です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ