震災後、脱毛エステなどの変化を知って夏を乗り切るコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1348
  • ありがとう数:0

はじめに

震災後、さまざまな場所で消費の動きに意外な変化が。なぜか脱毛する女性が増えているという話なのです。その理由は?

STEP1<b/>【震災後】</b>

震災後の停電などで、消費者心理にさまざまな変化が現れています。なかには、水や、トイレットペーパーの買い占めなどとは別の動きも。その1つが、脱毛エステ。

STEP2<b/>【“脱毛”の依頼が増えた訳】</b>

週刊ポスト2011年4月22日号には、都内港区でエステサロンを営む女性エステティシャンが語る記事がありました。要約すると、

●震災後、特に原発事故が拡大するなか節電が呼びかけられるようになって、お客様が増えている。特に多いのが“脱毛”の依頼。

●ヒアリングによると、どうやら節電の夏→冷房を控えることになる→女性にとって薄着が多くなる→脱毛をしなければ人前に肌をさらせない、という考えのよう。夏が近づくにつれ、もっとニーズは増えると予想されている。

このようなのです。

また、東京・新宿の家電量販店では、家庭で使用する「脱毛器」も売れ始めているといいます。

STEP3<b/>【補足】</b>

同じく節電を理由に、早くも夏の必需品「蚊取り線香」などの需要増も見込まれています。
蚊取り線香は、節電→冷房を控える→よく窓を開ける→蚊が室内に入ってくる、という論法。

ほかにも、いろんな先読み消費が起こってきそうです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ