油絵を描いてみよう!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:191
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by onsendaisukisan
ダヴィンチ、ゴッホ、ルノアール...なんとなく聞いたことのある世界の巨匠たち。彼らに共通することは、油絵の作品を多く残しているということです。みなさんも、油絵を描いてみませんか?私が油絵の魅力を紹介します!!

STEP1

まず、油絵の具って何?水彩とどう違うの?と思う方も多いと思います。簡単に言うと、水彩絵の具は、色の粉(顔料)と水に溶ける糊(樹脂)でできていて乾くと紙にくっついて固まります。油絵の具は色の粉(顔料)と油でできていて、油が空気に触れて酸化することにより固まるという仕組みです。

STEP2

描く上での最大の特徴は、キャンバスに重ね塗りをしながら描いていくことです。絵の具の扱い方によって、下の色を完全に覆い隠してしまったり、セロハンを重ねるように薄く塗っていくこともできます。ゴッホのように絵の具をほとんど薄めないでモリモリとキャンバスにのせていったり、水彩のように油で薄く溶いたりと多様な描き方ができます。

STEP3

また、絵の具に砂などを入れて塗ることによって、絵肌をザラザラにしたり、ペインティングナイフで筆では表現できないタッチにも挑戦できます。

STEP4

油絵のビギナーズセットも、画材屋さんなどで数千円から購入でき気軽に始めることができます。描きあがった絵は額縁に入れて飾れますし、皆さんも油絵の具に挑戦し、毎日の生活を豊かにしてみませんか。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ