陣痛の時は呼吸が大事

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:586
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by untikuking
一人目出産時、本をたくさん読んで行ったのだけども、実際LDRに入ったらほとんど一人きり。助産婦さんがそんなにたくさんの事を教えてくれるわけではなかったので、本当に一人の戦いでした。

STEP1

出産のために選んだ病院はLDRのある病隠本にたくさん書いてあるようなやさしい助産婦さんは全然近くにいなかったです。そのために、一人痛みと戦いが始まりました。陣痛との間隔が長い初めのころに、自分は呼吸を意識する!って思わないと、痛みのために呼吸がおろそかになり痛みが数倍になります。

STEP2

絶対に欠かせないのは、陣痛の波が来た時に深呼吸をすることです。こうすることで、これからの波を意識して呼吸をつづけることができます。陣痛の合間は出来るだけ休みましょう。

STEP3

陣痛が進み、痛みの感覚は短く時間は長くなります。息を吸うことと吐くことと、ものすごく意識しなければ痛みに負けてしまいそうになり、いきんでしまうので、お母さんになる人は集中力との戦いになると思います。

STEP4

陣痛の進み具合によって呼吸法を変えた方が楽にはなるのですが、私もそこまで気が回らなかったので、結構長い間吸っては吐くだけの呼吸法でした。それでも呼吸を意識するまでは、痛くてくじけそうになったので、最後まで呼吸は大事です。

まとめ

分娩に入るまで、陣痛時の呼吸を意識して乗り切りましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ