昼寝・居眠りの賢い仕方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:451
  • ありがとう数:0

はじめに

昼寝・居眠りは何だか・・しにくい?いいえ、出来るものなら、ぜひしましょう!

STEP1居眠りに最適な時間

脳は90分間隔で働いているので、午前10時ごろ、昼食後、3時ごろ、5時ごろは眠くなるものです。特に昼食後は、脳から出る満腹物質によってさらに眠気が強く出ます。昼寝は人間の体のリズムにかなったものなのです。

STEP2昼寝のメリット

昼間に仮眠を取ると脳の働きが回復し、集中力が高まり効率も上がります。昼寝をすると午後も効率よく活動的に動けます。許される環境ならば積極的に昼寝をしましょう。

STEP3昼寝法

昼寝をするなら短い時間で効果的に仮眠をとりたいものですね。レム睡眠(浅い眠り)を通り越してノンレム睡眠(深い眠り)に入ってしまうと、すっきり目覚めることができず、筋肉も緩んでしまいかえって効率が悪くなってしまいます。少し眠ることで、体と頭を回復をさせたいなら、短い眠り(10分~15分)位の方がいいようです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ