投資に対して覚えておく心得3箇条

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:422
  • ありがとう数:0

はじめに

地方番組で放送されていた「投資に対しての心得」。覚えておくと、役立ちそうです。

STEP1[余裕資金で]

生活費は6か月分をためてから、それ以外のお金で投資しましょう。

投資した商品は、むやみに解約できないものも多いです。
なので、投資商品は投資商品、生活費は別にとっておく必要があります。

STEP2[分散投資をする]

1種類だけ投資をすると、暴落したとき大きなダメージを受けてしまいます。

複数の商品を買うことで、リスクを分散することができます。
一つの金融商品だけを買うのではなく、いろんな商品を買うのが大切です。

また、時期を分けて購入するのもいい方法です。

STEP3[元本割れも理解する]

値段が上がったり、下がったりするので利益が出る、そう考えると値段が下がったときに一喜一憂しなくてすみます。

いくらまで下がるかというのは、商品によってさまざま。
価値が0になってしまうものもものによってはあります。

自分が許容できるリスクを決めてから投資した方がいいでしょう。

STEP4[お金とは…]

お金とは、チャンスをつかむエネルギーになるもの。

たとえば夢があって、それを実現するためにお金が必要だというとき。
ある人とない人でチャンスをゲットできるかが分かれてしまう場合、あった方がいいもの、それがお金と言います。

上手につきあっていきたいものです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ