生姜の上手な保存方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:638
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by yunbo22
生姜の使いかけが、冷蔵庫の野菜室の中でブヨブヨになってしまったことはありませんか。
新聞紙に包んで、温度14℃前後で保管すればそんなことにはならないのですが、これが、なかなか出来なかったりします。
簡単に長持ちさせる保管方法をご紹介します。
生姜は皮の辺りが一番香りが立つので、皮を剥くときはなるべく薄めに剥きます。

STEP1<b>乾燥させる</b>

皮を剥くか剥かないかはお好みです。
薄切りにして、ざるに広げて乾燥させてしまいます。
煮豚やスープに使うときに便利です。

STEP2<b>すりおろして冷凍する</b>

まとめてすりおろして、ラップの上に薄くのばして包み、冷凍します。
使うときは端っこからポキポキ折って使います。

STEP3<b>切り分けて冷凍する</b>

一回分ずつに切り分けて、塊の状態でラップに包んで冷凍します。
すりおろす時は冷凍状態のままで。
いったん解凍してしまうと、ブヨブヨになりますから注意してください。

まとめ

画像 前書き 著者

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

生姜

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ