増えている家具の震災対策・役に立つ器具は?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:473
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tikumanikki
東日本大震災の後、地震への備えに対する意識が強まり、地震への備えをしている家庭が多いようです。

余震が続いたり、今後の地震も予測されて転倒防止器具も品薄になっているといいます。

役に立つ転倒防止器具を調べてみました。

STEP1【家具の転倒防止器具】

タンスなどの転倒防止器具は、天井と壁の側面を利用した転倒防止器具が効果があり普及しているようです。

関東淡路大震災後、家具の転倒防止はだいぶ定着しましたが、食器棚からお皿などが飛び出すのを防ぐこれといったものがありませんでした。

テレビは、ほとんどのお宅でテレビ台の上に置いたままというお宅が多いようです。

STEP2【開き戸ストッパー】

開き戸については市販の「開き戸ストッパー」をつければいいようです。

ただ、揺れて食器がガラスを突き破ることも考えられますので、「ガラス飛散防止フィルム」を貼っておくといいようです。

これによってガラスが飛び散らずにすみます。皆さんも経験がおありでしょうが、飛び散ったガラスは危険ですし、片付けるのも大変です。

STEP3【開き戸ストッパー】

開き戸については市販の「開き戸ストッパー」をつければいいようです。

ただ、揺れて食器がガラスを突き破ることも考えられますので、「ガラス飛散防止フィルム」を貼っておくといいようです。

これによってガラスが飛び散らずにすみます。皆さんも経験がおありでしょうが、飛び散ったガラスは危険ですし、片付けるのも大変です。

STEP4【品薄の転倒防止器具】

大地震もなることながら、余震が続いたりしていますので、店頭ではこれらの転倒防止器具が品薄になっているといいます。

これらの転倒防止器具も「転倒を遅らせる」程度に考えて過信は禁物のようです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ