食中毒からお弁当を守る方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1111
  • ありがとう数:0

はじめに

気温が高くなるとお弁当の食中毒が気になります。
食中毒を防ぐために気をつける点をまとめてみました。

STEP1[手や調理用具などは清潔に]

前提条件として、まずは手をきれいに洗うことが大事なのは言うまでもありません。
そしてまな板などの調理用具は除菌に気を配り、清潔なものを使用します。

STEP2[お弁当箱を酢で拭く]

お弁当におかずを入れる前に、お弁当箱の内側を、酢を含ませたキッチンペーパーなどで拭きます。
酢には除菌効果があり、お弁当箱を清潔にしてくれます。
酢のにおいもあまり気になりません。

STEP3 [梅干しを入れる]

冷蔵庫の普及していなかった昔は、ごはんのおひつに梅干しを入れて菌が繁殖するのを防いでいました。
お弁当のご飯の上に梅干しを1つ乗せれば、除菌効果があるばかりでなく、食欲増進にも一役買ってくれます。

STEP4[味付けは濃いめに]

味付けは濃い方が腐りにくくなります。

STEP5[市販の抗菌シートを使う]

お弁当の上にかぶせるものや、飾りにもなるバランの形をしたものなどがあります。
菌の繁殖を防いでくれるので、入れておくと安心です。
ただし菌そのものを殺すわけではないので、調理の段階で菌をつけないように気を配りましょう。

まとめ

☆手や調理用具は清潔に
☆除菌作用のある食品をうまく利用
☆抗菌シートを活用

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ