レモンを食べて疲れを吹き飛ばしましょう

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:682
  • ありがとう数:0

はじめに

レモンに含まれている、ビタミンCとクエン酸が手を組んで、疲れの原因を抑えてくれます。

STEP1<b>レモンの酸っぱさのもとは?</b>

レモンの酸っぱさのもとは、クエン酸です。

クエン酸は疲れの原因となる乳酸の生成を抑えるので、疲労回復に効果を発揮します。

また、ビタミンCが多いのも特徴です。

STEP2<b>レモンの選び方</b>

皮につやがあり、大きさのわりに重みのあるものを選ぶのをおすすめします。

STEP3<b>食べ方のポイント</b>

ビタミンCは水溶性のビタミンで壊れやすいので、食べる直前に切り、果汁を搾るようにしましょう。

また、皮ごと食べる方法として、よく洗ってからはちみつ漬けなどにするとおいしく食べられますよ。

まとめ

ビタミンCやクエン酸などの有効成分は、皮に多く含まれているので、農薬の有無に注意して選び、皮ごと食べるのがおすすめです。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ