美味しさをアップさせる方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1371
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by yuko922534
美味しいお料理はさらに美味しく、ちょっと失敗してしまったお料理も美味しく感じるお食事タイムの作り方を紹介します。

STEP1【ある程度空腹に】

どんなに美味しいお料理でも、お腹が空いていないと美味しく食べられません。
子供さんは特におやつの時間を考えて、食事の前は間食しないように心がけましょう。

STEP2【目で食べる】

料理を「目で食べる」とも言うように、見た目も大切です。食欲のそそる色、緑色、赤色、黄色を上手に盛り合わせたり、ポイントにつかったりして、より美味しさを感じさせる盛り付けをしましょう。子供さんは、星やお花の形になっているだけで、食事タイムが楽しくなり、パクパク食べる子供を見て、パパやママも楽しくなります。

STEP3【会話も楽しむ】

複数でのお食事タイムは料理を楽しむのはもちろんですが、会話も楽しめる時間です。会話の無いただ黙々と食べる食事は美味しさも半減です。楽しい出来事や、たわいもない話でもかまいません。今日の料理のことを話題にすると、しっかり味わって食べれるので、作った方も気持ちがイイでしょう。
※会話がなくなってきたと感じているご夫婦や恋人は、食事中が一番自然に会話ができる時間です。

STEP4【ダイエット中だから・・・】

特に女性同士で集まると、ダイエット中の方がいることもあります。もし自分がダイエット中で、食べ物を制限していたとしても「ダイエット中だからこれは・・・」は口に出さないで心の中にしまっておきましょう。周りのひとまで、せっかくの楽しいお食事が、カロリー計算をしながらのお食事に変わってしまいます。

STEP5【食べるスピード】

デートの時など、2人の食べるスピードが違いすぎると、遅い人は食べづらくなり、美味しく食べられません。タイミングよく「ごちそうさま」が言えるよう、お互いに少し気にしながら食事をしましょう。

まとめ

食事タイムの雰囲気は、美味しく食べるためにとても大切なことです。
心と舌に、美味しいと感じさせる演出を心がけましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ