飲み方によるコーヒーの焙煎度の選び方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:321
  • ありがとう数:0

はじめに

コーヒーの焙煎度は8段階あります。各焙煎度で適した飲み方も異なるのです。

STEP1<b/>【ライトロースト(極浅炒)】</b>

黄色みがかった小麦色程度で、うっすらと焦げ目がついている状態。まだ不十分です。

STEP2<b/>【シナモンロースト(浅炒)】</b>

シナモン色程度のごく浅い炒り方。ブラックコーヒーに最適です。

STEP3<b/>【ミディアムロースト(中炒)】</b>

茶褐色で、アメリカンタイプの軽い味わいになります。

STEP4<b/>【ハイロースト(中深炒)】</b>

ミディアムより深い炒り方。喫茶店や家庭消費量が最も多いものです。

STEP5<b/>【シティーロースト(深炒)】</b>

鮮やかなコーヒーブラウン色。最も標準的な炒り方です。

STEP6<b/>【フルシティーロースト】</b>

ダークブラウン。『炭焼珈琲』と言われるのが、この段階のもの。アイスコーヒーにむいています。

STEP7<b/>【フレンチロースト】</b>

強い苦味と独特の香りが楽しめます。エスプレッソで飲まれたり、カフェオレやウインナーコーヒーなどのヨーロッパスタイルにアレンジされたりします。

STEP8<b/>【イタリアンロースト】</b>

ほぼ黒に近い色。最も深い炒り方で、エスプレッソやカプチーノとして飲まれます。
スターバックスやタリーズコーヒーなどのシアトル系と言われるコーヒーの飲み方(シロップやクリームを多く使用する方法)では、この段階のものを使用することが多いです。

まとめ

Photo by hana-haha
コーヒーの飲み方スタイルの違いは、濃さではなく焙煎の度合いの違いになります。
また、焙煎する前の豆は『生豆』と表記しますが、「きまめ」ではなく「なままめ」と呼ぶのが正しいようです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ